10/08/2018

うちの猫ーBarn Cats 悲しい。。。

引き取りに行った日撮影



うちのニャンコ達は、farmer のナンシーの家の裏にあるbarn に住みついている

野生化した猫の子供です。英語でいうと、feral というものです。

4匹引き取って、2匹が行方知れずになって長く、生存の希望はもうないことと諦めの境地です。

自由に外に出られるようにして飼っているので、野生動物の餌食になったのではと。。。

同じように出入り自由で飼っていた前の猫たちは、みんな長生き。

しっかり天寿を全うしていたというのに。



引き取りに行った日撮影。左に見えるシロは失踪。



ナンシーは、私の絵の仲間です。旦那さんが farmer。 広い広いファームランド。

広大な耕作地の中に、素敵な、モダンなお家を建てて住んでいます。

お隣は、はるか彼方。ほとんど見えません。


町の秋のフェスティバルの写生に参加でき、

久しぶりにナンシーに会えたので、秋の子猫が生まれたか聞いてみました。


ナンシーのbarn では、秋に生まれた子猫は冬を越せず、いつも死んでしまいます。

うちのニャンコ達は、そんな秋生まれの子ニャンコ達です。



で、もし、生まれた子ニャンコがいたら、またうちと縁があるってことなんだろうなあと。



引き取りに行った日のクロ。失踪して長い。悲しい。。。

  ところが、なんと、ナンシーのbarnでは、

ここ最近、忽然と猫達がいなくなってしまったとのこと。

全滅状態 。😱 

コヨーテにやられたんじゃないかとのことです。

ということで、うちのゾンとチーが

一族の唯一の生き残りとなった事を知ったのでした 。

鋭い目付きで、何度も何度も子猫を産み続けていたママキャットは、

もういないんだと思うと悲しい。。。


ママキャット。
ナンシーいわく、「あの猫は強いから、生き延びてて、また、ふらっと現れるかも」


うちのニャンコたち。引き取りに行った日撮影
一番手前の猫はゾン。目が潰れてひどいご面相だった。片目は助かった。
右の黒いのがクロ、その隣がシロ。この2匹は1年くらいたったころ相次いで失踪。
一番奥がチー。虚弱で体が小さいのは今も変わらず。甘えっ子。
ゾンの目玉が異常に膨れ上がったご面相がすさまじいので、うちのニャンコの小さいころを
集合写真で公開する時はいつも後ろ姿。

自由だけど、危険と隣り合わせ。外に出さないようにすればいいのに。
でも、やはり自由にさせて飼ってしまう私なのでした。
*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。











5/03/2018

絵を描く生活ー お隣の州トレドでモデル描き

Drew from Life @ Toledo, OHio — Tholepinpress Studio

http://tholepinpress.com/?page_id=98


いろいろ思うところあって、昨年の終わり頃からフルタイムで働き始めました。

当然のことながら、ものすごく生活が変わりました。

時間に制限ができたことが一番。

でも、絵は描いております。ただ、大好きだった仲間と一緒に自由に描く場に行けなくなりました。

特に、モデルスケッチはとても好きだったので辛いです。

限られた時間の中で集中して描く感じがとても好きです。


そして、そうこうしているうち、老いた日本の父が他界しました。

実家には老いた母が一人。唯一いる妹は東京に離れて住んでいます。

覚悟していたはずなのに、気持ちが沈み込んできます。

ますます、絵を描く場が懐かしく、飢えてきました。


昼活動できなくなった私が、唯一行けるのがミシガン寄りのオハイオの都市、トレドである夜のセッションです。

ずっと気になっっていたのですが、選択の余地なしという状態になったので行き始めました。

でも、まだ高校生の息子の迎えがあるので、なかなか夜も自由になりません。

運転免許を取る準備中ですが、まだまだです。


さて、トレドのセッションですが、

ここは20年以上続いているグループで、とてもいい感じです。

メール登録したので、毎週、今日は予定通り、今日は中止といった連絡が入るところも気に入っています。

ズラズラっと停めてある車は、みんなセッションに集まった人たちのもの。
けっこうたくさん来ます。

コーディネーターのアーティストは、プリントメイキングもしています。
4階建てのビル。
セッションは4階で行うので、えっちらおっちら階段を上ります。






コーディネーターのアーティストのスタジオには、ニャンコがいます。
モデルさんのポーズするところでうとうとねんね。
あともう一匹見かけました。癒されます。

私は相変わらずチャコール。
紙はニュースプリントに切り替えました。安い。そして手軽。
たくさん掛けます。
大きい紙にのびのび描くのは楽しい。


Drew from Life @ Toledo, OHio — Tholepinpress Studio

http://tholepinpress.com/?page_id=98



トレドのセッションは、もちろん知らない人たちばかりです。

でも、描ければ周りはどうだっていいってな感じの私なので、

人のことはあまり気にしません。絵を描く場では、ごく自然に作品を介して、常に対話の機会があります。


トレドには、とてもいい美術館があって、アナーバー界隈とは違ったアートのコミュニティ。

昼、自由だったら、トレドのアートグループに入れるのになあ。

ちょっと残念。


モデル描きをする機会が半年ほど、ほとんどなかったのですが、

意外や意外、描き始めてみると、迷いのようなものがかなり無くなってきた。

前よりもっと気楽に描けるようになった気がします。

その一方で、家で描いている小さな絵は、

こんなはずじゃなかったのにな〜、なんかもたつくな〜という感じ。

いいにつけ、悪いにつけ、自分の微妙な変化に気づけるから描き続けるのって面白い。

だからこれからも、描き続けようと思います。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。


3/04/2018

映画のある暮らし ー Three Billboards Outside Ebbing Missouri

“Three Billboards Outside Ebbing Missouri” をやっと観ることができました。
アカデミー賞の賞取り合戦の中にある映画です。
ミゾーリ州の小さな町の、あまりぱっとしない道沿いにあるビルボード(看板)に、
強姦殺人の被害者になった娘の犯人がつかまらないことに憤りを感じた母親が、
警察署長に「まだ解決できないのか?!」と呼びかける言葉を広告します。
黒人を追いかけ回して責めてばかりいて、肝心の凶悪犯罪は放ったらかしで。。。

もちろん、町中に物議をかもし出します。
警察署長は、とても人望が厚く、人々から慕われています。
しかも、彼はがんの末期。余命が少ししか残されていません。

ビルボードがデカデカと出たとき、署長は、
「俺は、もう癌で長くないんだ。。。」(だから頼む、こういうことはやめてほしい)
みたいなことを主人公にほのめかします。
「だから? 」

three billboards outside ebbing missouri trailer


この映画に出てくる主な登場人物たちは、警察署長、ビルボードを出した主人公の女性、
そして、署長を慕っているけれど、今ひとついただけない単細胞で人種差別主義者で、短気な警官。
この三人が、何やかやとすったもんだしながら、人として良い方向に変わっていきます。

主人公の女性、署長を慕う、今ひとつピントが外れている警官、この2人は、
すぐカッとしてしまい、暴走するタイプ。決してご立派でもなんでもありません。
殺された娘にとっても、決して理想的な母親であったわけではありません。

名指しされた署長は、事件の解決に難航している状態と真摯に向かい合い始めます。
警察署は、使えない警官ばかり。
でも、警察署は使えない感じの警官ばかり。。。
そして、刻々と迫る自分の最期の時。。。


自分の死とともに、二人にメッセージを 残します。
乱暴なことばかり立て続きますが、最後、怒る魂が静まり、
ごく普通の人間性を取り戻すことができます。

あ、この二人、救われた、と感じる救いのようなものが、この映画の余韻です。

ビルボードで名指しされた警察署の所長さんは、
ビルボードで追及された「主人公の娘殺しの犯人逮捕」はかないませんでしたが、
2人の怒りに囚われた人間の魂を救ったのでした。
下は、映画にちなんでちょいと描いた主人公の像。

映画も、下の主役の女優さんも、警察署長、警官役の俳優さんたちも、

今年のアカデミー賞にノミネートされております。つまり主な3人全て。

—-主演女優賞、助演男優賞、両方取りましたから、うん、やっぱりね、と嬉しい。

何気なく観に入って、不思議な面白さを感じた「Get Out」もノミネートされており、

ちょっと嬉しいです。

「Get Out」投稿   http://www.americanikki.com/search?q=Get+


*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/29/2017

Emagine で映画観賞ーStar Wars Episode VIII (8)-The Last Jedi



皆がバラバラに好き勝手なことに没頭している我が家。
息子と一緒に映画を観るのがかすかなる母子娯楽。
娘はBFと観に行く方が趣味が合うようなので、
たまに同じ映画に行くよ〜というときにチケットを買ってあげるくらい。

さて、息子と観る映画はとにかく「話題作」で「怖くなく」「悲しくない」もの。
自分が観たい「オトナの映画」は一人で観に行きます。

地元の映画館の Emagine は、全席予約なので、出る前に家でオンラインで買います。
本当は先にゲームの世界に入り込んでしまう、Jumanji を観る予定でしたが、
座席が満席ばかりで、二人並んで座れない。。。
ということで、封切りしたばかりの話題作、Star Wars の座席が2つ並んで取れたのでGO!



前回の上映作は、エピソードが通向けだったので楽しめませんでしたが、
今回のものは楽しめました。
というのは、初上映で大人気だった第1作目の頃のストーリーから
時の流れに逆らわず延長線のものだったからです。
ルーク・スカイウォーカーを、マーク・ハミルが、
レイア姫をキャリー・フィッシャーが演じていたのも楽しい。
キャリー・フィッシャーはこの映画の撮影の最中だか終わったころに急逝しました。
タイミングがもう少し遅かったら、実現不能となった顔合わせでもあります。



ハン・ソロは、前のエピソードで死んでいますから、
ハリソン・フォードは出てません。

一緒に行った息子にとっては、こういったことはどうでもいい感じ。
同じ俳優さんがやってたよー、という私のセリフに、
「ふーん」(関心なし)
そう、これはどうもreunion (再会)を目的とした
同窓会的でもあるようです。

ルーク・スカイウォーカーの役どころを今回見て、
おお、つまり、彼は仙人の修行を全うしたってことか! と思った次第。
宇宙を舞台にした神話のような世界。
そこに若い頃を演じた役者が年老いた流れのまま登場し、
壮大な物語のスケール、叙事詩になっております。
その傍ら、若い世代の登場人物同士、
ちょっといい感じの愛が芽生えていくプロセスも楽しく観ることができました。

スター・ウォーズは、
ジョージ・ルーカスの宇宙を舞台にした大スペクタクルロマン。
ライフワークです。
同じ頃に名を上げたスピルバーグは、色々な映画を撮っていますが、
ジョージ・ルーカスは一途にスター・ウォーズに打ち込んでおります。

青春時代にスターウォーズを観たことがある世代の方、
その後特に詳しくなくても、これは懐かしく楽しめるので
機会があったらご覧になってみてください。
映画館、満席でしたが、子供たちより、
熟年が多かったことも添えておきます。

日本で上映された時ははどうなんだろうと、興味シンシンです。

おまけ(去年ロードショーしたスターウォーズを観に行った時の投稿)


*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/22/2017

絵を描く生活ー来年は戌年。だからワンコも描いてみた



ニャンコの絵の注文が入って猫三昧のお絵描き生活ですが、
そうするとふと犬も描いてみたくなり、
友人の犬を描いてみました。
我が家の愛犬・愛チャンはビーグルミックスで短毛、
身体がぽてぽてですが、
このワンコは長毛種で身体の方は痩せている種類です。
モコモコの犬を描くのは初めて。
ずいぶん違うなあと描きながら思ったのでした。
犬は愛チャンばかり描いていたので新鮮です。
来年は戌年。
お正月間近な今、ちょっとやるべきことやったみたいな達成感。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。