12/29/2017

Emagine で映画観賞ーStar Wars Episode VIII (8)-The Last Jedi



皆がバラバラに好き勝手なことに没頭している我が家。
息子と一緒に映画を観るのがかすかなる母子娯楽。
娘はBFと観に行く方が趣味が合うようなので、
たまに同じ映画に行くよ〜というときにチケットを買ってあげるくらい。

さて、息子と観る映画はとにかく「話題作」で「怖くなく」「悲しくない」もの。
自分が観たい「オトナの映画」は一人で観に行きます。

地元の映画館の Emagine は、全席予約なので、出る前に家でオンラインで買います。
本当は先にゲームの世界に入り込んでしまう、Jumanji を観る予定でしたが、
座席が満席ばかりで、二人並んで座れない。。。
ということで、封切りしたばかりの話題作、Star Wars の座席が2つ並んで取れたのでGO!



前回の上映作は、エピソードが通向けだったので楽しめませんでしたが、
今回のものは楽しめました。
というのは、初上映で大人気だった第1作目の頃のストーリーから
時の流れに逆らわず延長線のものだったからです。
ルーク・スカイウォーカーを、マーク・ハミルが、
レイア姫をキャリー・フィッシャーが演じていたのも楽しい。
キャリー・フィッシャーはこの映画の撮影の最中だか終わったころに急逝しました。
タイミングがもう少し遅かったら、実現不能となった顔合わせでもあります。



ハン・ソロは、前のエピソードで死んでいますから、
ハリソン・フォードは出てません。

一緒に行った息子にとっては、こういったことはどうでもいい感じ。
同じ俳優さんがやってたよー、という私のセリフに、
「ふーん」(関心なし)
そう、これはどうもreunion (再会)を目的とした
同窓会的でもあるようです。

ルーク・スカイウォーカーの役どころを今回見て、
おお、つまり、彼は仙人の修行を全うしたってことか! と思った次第。
宇宙を舞台にした神話のような世界。
そこに若い頃を演じた役者が年老いた流れのまま登場し、
壮大な物語のスケール、叙事詩になっております。
その傍ら、若い世代の登場人物同士、
ちょっといい感じの愛が芽生えていくプロセスも楽しく観ることができました。

スター・ウォーズは、
ジョージ・ルーカスの宇宙を舞台にした大スペクタクルロマン。
ライフワークです。
同じ頃に名を上げたスピルバーグは、色々な映画を撮っていますが、
ジョージ・ルーカスは一途にスター・ウォーズに打ち込んでおります。

青春時代にスターウォーズを観たことがある世代の方、
その後特に詳しくなくても、これは懐かしく楽しめるので
機会があったらご覧になってみてください。
映画館、満席でしたが、子供たちより、
熟年が多かったことも添えておきます。

日本で上映された時ははどうなんだろうと、興味シンシンです。

おまけ(去年ロードショーしたスターウォーズを観に行った時の投稿)


*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/22/2017

絵を描く生活ー来年は戌年。だからワンコも描いてみた



ニャンコの絵の注文が入って猫三昧のお絵描き生活ですが、
そうするとふと犬も描いてみたくなり、
友人の犬を描いてみました。
我が家の愛犬・愛チャンはビーグルミックスで短毛、
身体がぽてぽてですが、
このワンコは長毛種で身体の方は痩せている種類です。
モコモコの犬を描くのは初めて。
ずいぶん違うなあと描きながら思ったのでした。
犬は愛チャンばかり描いていたので新鮮です。
来年は戌年。
お正月間近な今、ちょっとやるべきことやったみたいな達成感。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/17/2017

絵を描く生活ー猫三昧?

猫を描くのは難しいと思っていたのですが、
ニャンコを4匹引き取って飼い出してから、
目の前でウロついているのでけっこう描くようになりました。
今、うちのニャンキーズは2匹消息を断ち、2匹です。
片目が潰れ、模様も悲しげな顔に見える(けどちっとも暗くない)ゾンと、虚弱体質のチーだけ。
訳ありのほうがサバイバルしております。



うちのニャンコたちの水彩画を地元のアートグループ展に展示したところ、
「こんな感じで、写真から描いてほしい」
といった注文が入りました。
ということで、
今、もらった写真からとりあえずスケッチブックにぐるぐる描きを始めたところです。
注文はもちろん水彩画で描きます。
でも、まず鉛筆やペンでスケッチしてます。
予習段階。

そこで、現在、猫の絵三昧の生活。
うちの猫は白黒ブチなので、別の模様の猫を描くのは新鮮です。
来年の干支は戌年。
もし「ねこ年」があったら、2018年の干支の絵に困らなかったんだけどなあ。
ちなみに、「猫年」がある国もあるようです。ホント、日本にはなくて残念!

猫年がない理由(参考)
他の国々の干支

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/12/2017

Emagine で映画鑑賞 ー Wonder


ワンダーというのは、もともとは子供向けの本です。
こちらの5年生は、これが映画になったということで、
いやまあ、掲示物はワンダーがらみのプロジェクトだらけ。
下の本の表紙風の絵を見かけたら、
あ、ワンダーだ、と思ってください。




この物語は、一人の人と違った生まれ方をしてしまった男の子が主人公です。
一目見てわかる痕跡が顔に残っているため、大変です。

でも、この物語のとても深いところは、
可愛そうな主人公の男の子の生まれもった宿命だけではなく、
そういった子供を持った親、
そういった子供を持った兄弟姉妹、
そういった子供とつきあっていくことになった同年代の子供たち
にも視点をあてて、その内面的な世界を深いレベルで繰り広げることで、
とても豊かな膨らみを持っています。
そう。この「ワンダー」という物語は、普通の人と違う宿命を持った主人公を巡り、
周りで取り囲んでいる普通の人たちの心のひだ、痛み、苦しみ
といったことを浮き彫りにしていく物語です。

映画で今、盛り上がっていますが、
そういったことになる前、息子がアメリカのエレメンタリースクールの5年生のとき、
先生が国語(英語)の時間に、少しずつクラスの子供達に解説しながら読み聞かせしてくれました。
ですから、映画を観た時、息子は、とても5年生のころを懐かしんでおりました。
主人公は5年生です。

良い本だと評判でしたが、存在感が地味だったころに、
こつこつ読み聞かせてくださった先生に感謝です。
映画という形で再会できた喜びを感じていた息子の様子を見たからです。

本では、主人公をめぐる人間のほぼすべてにスポットが当たりますが、
映画では、主なキャラクターがスキップされています。(ある程度は表現されているけれど)
映像が主の世界では伝えにくいものだったからだと思います。
せっかくですから、本のバージョンと、映画のバージョンの両方を比べつつ、
楽しんでもらえるといいなあと思います。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。


12/11/2017

Emagine で映画鑑賞 ー ハウルの動く城



全米がそうなのか知りませんが、
2008年に、ここ、ミシガンに引っ越して来てから
けっこう映画を気楽に観る生活に戻ったのですが、
ジブリのアニメを時々、特別に上映することがあり、
できるだけ観に行くようにしています。
今回は「ハウルの動く城」で、日曜、月曜の2日間1回ずつでした。
日曜は英語に吹き替え。
月曜の方が日本語のオリジナルに英語字幕つきの方だったので、
私はもちろん月曜日のほうに行きました。


ふだんのチケットより少し入場料が高かったです。
いつも家でオンラインでチケットを買っていますが、
Emagine はリクライニングシートで、スペースに余裕があるので
それでも十分気に入っています。それに日本の映画料金を考えると
かなり安い。これで日本のようにいろいろな映画が観られると最高なんですが、
どうしてもアメリカ映画が主流です。
まあ、全てに完璧なものはないということですね。
ジブリ映画が観られただけでもラッキー!
ホント、いい映画館です。

ハウルの動く城は、もともとはイギリスの古い子供向けのお話です。
日本語の英語字幕版で観て本当に良かったのは、
美輪明宏をはじめとした、声の出演の、日本の役者さんたちの声が楽しめたこと。
このアニメ、声の出演が、なかなかのセレクションです。
英語吹き替え版では堪能できませんから、スケジュールはきつくなりましたが、
がんばってオリジナルに英語字幕付きの方に行ってよかったです。

原作  howl’s Moving Castle
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Howl's_Moving_Castle

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。