12/12/2017

Emagine で映画鑑賞 ー Wonder


ワンダーというのは、もともとは子供向けの本です。
こちらの5年生は、これが映画になったということで、
いやまあ、掲示物はワンダーがらみのプロジェクトだらけ。
下の本の表紙風の絵を見かけたら、
あ、ワンダーだ、と思ってください。




この物語は、一人の人と違った生まれ方をしてしまった男の子が主人公です。
一目見てわかる痕跡が顔に残っているため、大変です。

でも、この物語のとても深いところは、
可愛そうな主人公の男の子の生まれもった宿命だけではなく、
そういった子供を持った親、
そういった子供を持った兄弟姉妹、
そういった子供とつきあっていくことになった同年代の子供たち
にも視点をあてて、その内面的な世界を深いレベルで繰り広げることで、
とても豊かな膨らみを持っています。
そう。この「ワンダー」という物語は、普通の人と違う宿命を持った主人公を巡り、
周りで取り囲んでいる普通の人たちの心のひだ、痛み、苦しみといったことを浮き彫りにしていく物語です。

映画で今、盛り上がっていますが、
そういったことになる前、息子がアメリカのエレメンタリースクールの5年生のとき、
先生が国語(英語)の時間に、少しずつクラスの子供達に解説しながら読み聞かせしてくれました。
ですから、映画を観た時、息子は、とても5年生のころを懐かしんでおりました。
主人公は5年生です。

良い本だと評判でしたが、存在感が地味だったころに、
こつこつ読み聞かせてくださった先生に感謝です。
映画という形で再会できた喜びを感じていた息子の様子を見たからです。

本では、主人公をめぐる人間のほぼすべてにスポットが当たりますが、
映画では、主なキャラクターがスキップされています。(ある程度は表現されているけれど)
映像が主の世界では伝えにくいものだったからだと思います。
せっかくですから、本のバージョンと、映画のバージョンの両方を比べつつ、
楽しんでもらえるといいなあと思います。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。


12/11/2017

Emagine で映画鑑賞 ー ハウルの動く城



全米がそうなのか知りませんが、
2008年に、ここ、ミシガンに引っ越して来てから
けっこう映画を気楽に観る生活に戻ったのですが、
ジブリのアニメを時々、特別に上映することがあり、
できるだけ観に行くようにしています。
今回は「ハウルの動く城」で、日曜、月曜の2日間1回ずつでした。
日曜は英語に吹き替え。
月曜の方が日本語のオリジナルに英語字幕つきの方だったので、
私はもちろん月曜日のほうに行きました。


ふだんのチケットより少し入場料が高かったです。
いつも家でオンラインでチケットを買っていますが、
Emagine はリクライニングシートで、スペースに余裕があるので
それでも十分気に入っています。それに日本の映画料金を考えると
かなり安い。これで日本のようにいろいろな映画が観られると最高なんですが、
どうしてもアメリカ映画が主流です。
まあ、全てに完璧なものはないということですね。
ジブリ映画が観られただけでもラッキー!
ホント、いい映画館です。

ハウルの動く城は、もともとはイギリスの古い子供向けのお話です。
日本語の英語字幕版で観て本当に良かったのは、
美輪明宏をはじめとした、声の出演の、日本の役者さんたちの声が楽しめたこと。
このアニメ、声の出演が、なかなかのセレクションです。
英語吹き替え版では堪能できませんから、スケジュールはきつくなりましたが、
がんばってオリジナルに英語字幕付きの方に行ってよかったです。

原作  howl’s Moving Castle
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Howl's_Moving_Castle

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/07/2017

絵を描く生活ーFine Art America Procucts




このアイテムが売れたのは初めて。アナーバーゆかりの人がきっと買ってくれたんですね。
今日は、アナーバーで大渋滞に巻き込まれ、運転時間が異常に長くなり、くたくた。
でも、アナーバーはいいところです。
(という気持ちにちょっとなった)アナーバーの絵をもっと描こうと思います。
Fine Art America.  https://fineartamerica.com/confirmlogoutmain.html
https://fineartamerica.com/confirmlogoutmain.html

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

11/26/2017

今日は「外ごはん 」ー Pho House (ベトナム料理)


普段、あまり外食に熱心ではないので、滞りがちな外食の投稿を久々にします。
サンクスギビングのホリデーウィークは、のんびり。
娯楽は映画くらいにして、これから来る冬に備える事に時間を使います。
庭のこと、雪を溶かす塩をまとめ買いしたり、
雪かき機の出し入れがスムーズになるようにガレージの中を整理したり。
雪が降るようになると、車のタイヤの所に雪の塊(塩まじり)がこびりつき、
気温が上がるとそれがボトッと落ちて溶け、塩水の水たまりができます。
ですから、塩水に物が触れないように置きっ放しにしていた物を動かします。
息子はゲームの合間に、手伝いと、休み明けの期末(ファイナル)の勉強をちょこっと。
娘は大学生なので、もう、何してるんだか知りませんが、
予定が合えば、一緒に何かしらしています。

土曜日の夜は、外で簡単に食べようということになったのですが、
娘は友達と外出中なので、夫と息子と3人で行きました。
まだ一度もトライしたことがないベトナム料理屋さんに決めました。

ここに入ると、ベトナム料理の麺類のほのかな香り。
なんだかホッとします。
このお店で気に入ったのは、メニューが複雑でないこと。
アペタイザーは春巻き2種とエビの練り物を串につけて焼いたものの3種類だけ。

あとは、麺を一人一品ずつ。私は淡白な味のPho.
夫と息子はもう少しスープが濃い味の汁麺。
他にもワンディッシュのセレクションがありますが、
日本人の私たちには汁麺が一番です。
周りを見回すと、やはり汁麺と、ちょこっとアペタイザーという人たちが主流。
サブ(長いフランスパンに挟んでいるタイプ)があったりして、
好奇心をそそられましたが、これはたぶんランチ向き。


帰りは、ストレートにレジに行って会計。
いちいち〆を持ってきてもらう必要がない所が簡単で好きです。
アメリカですと、この〆を持ってきてもらうのに時間がかかったりします。
そこそこお客が入って賑わいながらも、並んで待つことはなさそうです。
また、回転が速い。
ちょこっと寄って、注文して、食べて、さっと払って帰れる。
気に入りました。
ーーということで、またきっと行くと思います。

Pho House
http://phohouseypsi.com/

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

11/25/2017

絵を描く生活 ー スケッチブック

今月(11月)から、モデル描きのセッションに行けないスケジュールになってしまったので、
人物は、もっぱらスケッチブックにペンで描いてます。
モデル描きのライブで描くという設定がどうしても欲しい。
ということで、ちまたで行き交う人々がモデル。
でも、彼らは動き回るから大変。
観察しながら、表情や顔立ちの基本型をつかまないといけません。
ペンは消せないからスリリングで楽しい。
でも、こそこそ人を盗み見ながら描くのは犯罪者になったようで落ち着かない。
小さいけど、ざくざく大雑把に描いてしまうのは、
チャコールでフルシートに描くときと同じだなあ。
名前は知らないので今回、ジョンとつけちゃった。
女の人はジェーンにしようかな。
あ、でも、これ、犯罪捜査みたいで、いい趣味じゃないね。。。
(アメリカでは、身元不明の遺体のことを John Doe(男性)、
Jane Doe(女性)といいます)
こそこそ描いた気持ちのせいですね。

やっぱり次回からはやめとこう。
*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。