12/12/2017

Emagine で映画鑑賞 ー Wonder


ワンダーというのは、もともとは子供向けの本です。
こちらの5年生は、これが映画になったということで、
いやまあ、掲示物はワンダーがらみのプロジェクトだらけ。
下の本の表紙風の絵を見かけたら、
あ、ワンダーだ、と思ってください。




この物語は、一人の人と違った生まれ方をしてしまった男の子が主人公です。
一目見てわかる痕跡が顔に残っているため、大変です。

でも、この物語のとても深いところは、
可愛そうな主人公の男の子の生まれもった宿命だけではなく、
そういった子供を持った親、
そういった子供を持った兄弟姉妹、
そういった子供とつきあっていくことになった同年代の子供たち
にも視点をあてて、その内面的な世界を深いレベルで繰り広げることで、
とても豊かな膨らみを持っています。
そう。この「ワンダー」という物語は、普通の人と違う宿命を持った主人公を巡り、
周りで取り囲んでいる普通の人たちの心のひだ、痛み、苦しみといったことを浮き彫りにしていく物語です。

映画で今、盛り上がっていますが、
そういったことになる前、息子がアメリカのエレメンタリースクールの5年生のとき、
先生が国語(英語)の時間に、少しずつクラスの子供達に解説しながら読み聞かせしてくれました。
ですから、映画を観た時、息子は、とても5年生のころを懐かしんでおりました。
主人公は5年生です。

良い本だと評判でしたが、存在感が地味だったころに、
こつこつ読み聞かせてくださった先生に感謝です。
映画という形で再会できた喜びを感じていた息子の様子を見たからです。

本では、主人公をめぐる人間のほぼすべてにスポットが当たりますが、
映画では、主なキャラクターがスキップされています。(ある程度は表現されているけれど)
映像が主の世界では伝えにくいものだったからだと思います。
せっかくですから、本のバージョンと、映画のバージョンの両方を比べつつ、
楽しんでもらえるといいなあと思います。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。


12/11/2017

Emagine で映画鑑賞 ー ハウルの動く城



全米がそうなのか知りませんが、
2008年に、ここ、ミシガンに引っ越して来てから
けっこう映画を気楽に観る生活に戻ったのですが、
ジブリのアニメを時々、特別に上映することがあり、
できるだけ観に行くようにしています。
今回は「ハウルの動く城」で、日曜、月曜の2日間1回ずつでした。
日曜は英語に吹き替え。
月曜の方が日本語のオリジナルに英語字幕つきの方だったので、
私はもちろん月曜日のほうに行きました。


ふだんのチケットより少し入場料が高かったです。
いつも家でオンラインでチケットを買っていますが、
Emagine はリクライニングシートで、スペースに余裕があるので
それでも十分気に入っています。それに日本の映画料金を考えると
かなり安い。これで日本のようにいろいろな映画が観られると最高なんですが、
どうしてもアメリカ映画が主流です。
まあ、全てに完璧なものはないということですね。
ジブリ映画が観られただけでもラッキー!
ホント、いい映画館です。

ハウルの動く城は、もともとはイギリスの古い子供向けのお話です。
日本語の英語字幕版で観て本当に良かったのは、
美輪明宏をはじめとした、声の出演の、日本の役者さんたちの声が楽しめたこと。
このアニメ、声の出演が、なかなかのセレクションです。
英語吹き替え版では堪能できませんから、スケジュールはきつくなりましたが、
がんばってオリジナルに英語字幕付きの方に行ってよかったです。

原作  howl’s Moving Castle
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Howl's_Moving_Castle

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

12/07/2017

絵を描く生活ーFine Art America Procucts




このアイテムが売れたのは初めて。アナーバーゆかりの人がきっと買ってくれたんですね。
今日は、アナーバーで大渋滞に巻き込まれ、運転時間が異常に長くなり、くたくた。
でも、アナーバーはいいところです。
(という気持ちにちょっとなった)アナーバーの絵をもっと描こうと思います。
Fine Art America.  https://fineartamerica.com/confirmlogoutmain.html
https://fineartamerica.com/confirmlogoutmain.html

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

11/26/2017

今日は「外ごはん 」ー Pho House (ベトナム料理)


普段、あまり外食に熱心ではないので、滞りがちな外食の投稿を久々にします。
サンクスギビングのホリデーウィークは、のんびり。
娯楽は映画くらいにして、これから来る冬に備える事に時間を使います。
庭のこと、雪を溶かす塩をまとめ買いしたり、
雪かき機の出し入れがスムーズになるようにガレージの中を整理したり。
雪が降るようになると、車のタイヤの所に雪の塊(塩まじり)がこびりつき、
気温が上がるとそれがボトッと落ちて溶け、塩水の水たまりができます。
ですから、塩水に物が触れないように置きっ放しにしていた物を動かします。
息子はゲームの合間に、手伝いと、休み明けの期末(ファイナル)の勉強をちょこっと。
娘は大学生なので、もう、何してるんだか知りませんが、
予定が合えば、一緒に何かしらしています。

土曜日の夜は、外で簡単に食べようということになったのですが、
娘は友達と外出中なので、夫と息子と3人で行きました。
まだ一度もトライしたことがないベトナム料理屋さんに決めました。

ここに入ると、ベトナム料理の麺類のほのかな香り。
なんだかホッとします。
このお店で気に入ったのは、メニューが複雑でないこと。
アペタイザーは春巻き2種とエビの練り物を串につけて焼いたものの3種類だけ。

あとは、麺を一人一品ずつ。私は淡白な味のPho.
夫と息子はもう少しスープが濃い味の汁麺。
他にもワンディッシュのセレクションがありますが、
日本人の私たちには汁麺が一番です。
周りを見回すと、やはり汁麺と、ちょこっとアペタイザーという人たちが主流。
サブ(長いフランスパンに挟んでいるタイプ)があったりして、
好奇心をそそられましたが、これはたぶんランチ向き。


帰りは、ストレートにレジに行って会計。
いちいち〆を持ってきてもらう必要がない所が簡単で好きです。
アメリカですと、この〆を持ってきてもらうのに時間がかかったりします。
そこそこお客が入って賑わいながらも、並んで待つことはなさそうです。
また、回転が速い。
ちょこっと寄って、注文して、食べて、さっと払って帰れる。
気に入りました。
ーーということで、またきっと行くと思います。

Pho House
http://phohouseypsi.com/

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

11/25/2017

絵を描く生活 ー スケッチブック

今月(11月)から、モデル描きのセッションに行けないスケジュールになってしまったので、
人物は、もっぱらスケッチブックにペンで描いてます。
モデル描きのライブで描くという設定がどうしても欲しい。
ということで、ちまたで行き交う人々がモデル。
でも、彼らは動き回るから大変。
観察しながら、表情や顔立ちの基本型をつかまないといけません。
ペンは消せないからスリリングで楽しい。
でも、こそこそ人を盗み見ながら描くのは犯罪者になったようで落ち着かない。
小さいけど、ざくざく大雑把に描いてしまうのは、
チャコールでフルシートに描くときと同じだなあ。
名前は知らないので今回、ジョンとつけちゃった。
女の人はジェーンにしようかな。
あ、でも、これ、犯罪捜査みたいで、いい趣味じゃないね。。。
(アメリカでは、身元不明の遺体のことを John Doe(男性)、
Jane Doe(女性)といいます)
こそこそ描いた気持ちのせいですね。

やっぱり次回からはやめとこう。
*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

Emagine で映画鑑賞 ーTHOR - RAGNAROK (邦題:マイティ・ソー・バトルロイヤル)

https://pin.it/ortfpd6dwoyrf5


アメリカはサンクスギビング(感謝祭)でお休みモード。

ここからクリスマスと、おやすみモードが続きます。

お休みはいつだってダラダラと過ごし、娯楽といえば近所の映画館。

リクライニングシートでらくちんです。

映画館が小さいので、セレクションに幅がないですが、一般的な話題作は上映します。

今回は息子のピック。

あーあ、つまんないだろうなーと思ったら、意外や意外、

最後まで飽きさせず、ユーモアもあって、とても面白かった。

そして、若者より、もっともっと年上の大人やお年寄りがたくさん観に来ていた。

マーベル映画、強し。 

でも、私はいまだにいくら息子から解説を聞いても

マーベルの世界のキャラたちについて、ちんぷんかんぷんです。


下はマーベル映画の作品一覧。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マーベル・コミック原作の映画作品一覧

これによると、日本では 「マイティ・ソー・バトルロイヤル」

というタイトルで上映されるようです。Logan →ローガンみたいに

そのまま左から右、または直訳だと、日本の知り合いと話しているときに

同じ映画と認識しやすいのですが、ワガママかしらん。


ちなみに、ローガンは刃物でスパスパッ、ザクザクッと血みどろでしたが、

ストーリーラインがとても良かったです。




Movie Review

https://www.theguardian.com/film/2017/oct/19/thor-ragnarok-review-chris-hemsworth-cate-blanchett-taika-waititi



*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

11/14/2017

ミシガンシアターで映画鑑賞ーLoving Vincent


すべて油絵で描かれたアニメーション”Loving Vincent” を
ついに観ることができました。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの死の謎に迫ろうとする映画です。
ゴッホは旅しながら絵を描き続けましたが、筆マメで、たくさん手紙を書いています。
家族への手紙の最後に”Loving Vincent”と書いており、それがタイトルになりました。
下はトレイラーのうちの一つです。



このアニメーションは、世界中から制作に加わるアーティストを募って制作されています。
下は、そのプロセスを紹介したビデオ。


映画(アニメ)は、ゴッホの突然の死の直後から物語は始まります。
(詳しく説明するのはネタバレにつながるので、
ほとぼりが冷めた頃に書き足すことにします)

あまり絵に親しみがない人でも、ゴッホの絵は有名ですから、
あ、これはーーという感じのシーンが多く、楽しめます。
絵柄は、回想シーンはリアルタッチの白黒、
現在進行形のシーンがゴッホ風のフルカラーという構成。
一般の劇場でも上映される予定ですから、また観に行きたいと思います。
今度は息子と娘を連れて。

英語ですが、ヨーロッパの英語ですから、
米語に親しんでいる私は、ちょっと最初、聞き取りにくかったです。
突然思い立ち、8年間ひたすら絵を描き続けたゴッホ。
たった8年間の間にとてつもない数の絵を描いていますが、
死後、こんなに広く、長く、世界中で愛されて。。。
生きている間に名声が得られていたらなあと思いますが、
あの激しく、太く短く人生を駆け抜けた所も魅了し続けていることも確かです。

ミシガンシアター  ホームページ 

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

10/30/2017

絵を描く生活ー 最後の月曜日のライブモデル

Draw from life. 10/30/17 

Elizabeth- Live Model at Whitmore LakeーCharcoal on paper, 18"x24".

今回、初めてモデルの手配の当番(10月)をしましたが、無事、今日で役目を全うしました。

と同時に、私の最終日となりました。

諸事情あって、月曜の午後がどうしても都合が悪くなり、

11月からは来ることができなくなったからです。

とても悲しい。

描くことは続けていきますが、仲間が大好きだったので。。。。



このところ、悲しかったり、寂しかったりすることのほうが多いなあ。

年齢がそういう時期なのかもしれません。ふう。。。

でも、前を向いて進まねば。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

10/12/2017

うちの猫 ー Barn Cats ー シロも消えた。。。

クロが7月から行方不明になっていますが、
一昨日から、シロも行方不明になりました。。。
朝はいたのに、昼から見かけていません。
呼んでも戻らず。。。
自由に外に出して飼っていたけれど、
こんなに消えてしまったことは経験していません。
お隣の猫になったななチャンなど、お出かけが大好きでしたが、
全く問題なしで7年以上過ごしてましたし。
近所のジョアンが餌付けしている猫も、
もう何年も狐だらけのスポットで生き延びています。
クロもシロも、生きててほしい。
自由にして飼うことにはリスクはつきものと考えていますが、
やはり悲しい。。。家の中に閉じ込めて飼うほうがいいのかなあ。

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

10/08/2017

駐車場とわたし ー 読みがはずれた

10月8日の日曜日。
アナーバーのミシガン大学の ミシガンリーグという建物で
大学の婦人会の絵のグループの展覧会のレセプションがありました。
会場は、アナーバーのど真ん中。(ミシガン大学のど真ん中)


日曜日、アナーバーは駐車場がタダです。
いつも停めている駐車ビルはミシガンシアターのすぐ近く。
つい、習慣でそこに入ってしまったのが大失敗。
日曜日は表の掲示が「オープン」としか出ておらず、
平日のように、満車状態なのか、空きがあるのか掲示されません。
そりゃそうです。タダですから、チケットを取らないので、
カウントのしようがない。
結果。。。。えらく時間をかけて登りつめたところ、全く空きなし。
知らずに車はどんどん入ってきていて、
脱出するまでえらく時間がかかってしまった。。。

「もう、帰っちゃおうかな」という心の声を押しやり、
夫の職場の歯学部にくっついている大きな駐車場の方に向かいました。
こちらの方が目的地にぐっと近いのですが、
平日はゲストスペースは一杯だし、日曜日もイベントがあると特別料金(高い値段の一括)になります。

行ってみた結果は、がら空き。ろくに車がなく、怖いくらいがらーんとしていました。
上の写真は会場の正面入り口。
そして、今回、私が停めた駐車場は、出て横断歩道を渡るとすぐ裏口。
5分とかからない距離。


3時半からのレセプションに30分遅れのはずが、1時間遅れになりました。
終盤の集合写真を撮るところに滑り込みセーフといったタイミング。

だからアナーバーのダウンタウンに行くのは嫌いです!
(と、読みが外れた負け犬の遠吠え)

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。








10/06/2017

絵を描く生活ー 絵のshipping

秋は絵のグループの展覧会がたくさん。
私はずぼらなので、こまめに絵を展示するために
うろちょろ動き回ったり、準備することが好きじゃないです。
何やかやと忙しいので、絵を描く時間に余裕がなくなります。
そうするとイライラします。


今日は、ケンタッキー州であるコンペに通った水彩画を
地元の行きつけのUPSから送りました。


今回の絵は、ふだんより大きいので、大きいshipping box。
でも、薄いタイプなので、そんなに重くないです。
そして、意外にも送料もバカみたいに高くない。
保険をかけるので、それが少し上乗せされますが。
コンペの展示に送るときは、いつも返送用のラベルも買って、
いっしょに送るのが決まりです。
絵を州外に送るのに、少しブランクがあったのですが、
今回行ってみたら、数年来のおなじみで、あ・うんの呼吸で
さあっと手続きしてくれたお気に入りの女性がいませんでした。
彼女だと、ホント、10分もかからずに済みました。
今回は若い女の子。
気はいいのですが、30分はゆうにかかった。。。

作業中、スマホずっと手に持ちながら何してるんだかと思ったら、
何かのアプリで友達とチャットをずっとしてた。。。
😓😓😓😓😓😓😓😓😓
ま、朝のスローな時間帯だし、一人だけだったからいいけどね。。。

個人的に、展覧会はコンペでこのように州外に送るほうが手間がないので好きです。
レセプションも「遠いのですいません、行けません」で片付くし。
(行っても、きっと知らない人ばっかりだし)
コンペは、ものによってはレセプションで賞の発表のときにいられないと、
賞の対象外になってしまうものもあります。
でも、いいや。そんな簡単に賞をもらえるもんじゃありません。

今回のコンペに出すものは、下の水彩画のスタディ。
何年か前に描いたライブモデルさんの写真からです。
この絵は、11月から12月まで展示され、年明けに戻ってきます。
元気でね〜。と、旅に出す感じです。


さて、今描いているフルシートの静物画を仕上げねば。
寒くなってきたのに、まだひまわりの絵を描いております。。。ふう。
(予定が遅れてる)
*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。







9/04/2017

懐かしい映画 ー Close Encounters of the third kind ー邦題:未知との遭遇 ー40周年記念上映



スピルバーグの「未知との遭遇」が、40周年記念ということで、
映画館で封切られおります。
娘はもしかしたらどこかですでに観ているかもしれませんが、
息子は観ていない。乗り気ではないのを親の権力? で連れて行きました。
だって、絶対にこれは観ておいたほうがいい名作だし、劇場で観ないと。




今回の上映は、40周年記念上映ですから、始まるから前に10分程度の
「製作者たちの思い出話」的な映像がありました。
当時は、ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ」もあったりして、
なんといいますが、映画の新時代が始まったころ。
スピルバーグ監督いわく
「この映画はSF映画ではない。信じている人にとってはリアリティがある物語。
信じていない人にはSFになる」
のだそうです。

「未知との遭遇」で、今の私の記憶にはっきり残っていたのは、
山のヴィジョンと、大きなUFOと遭遇しているシーン。
細部はスッカリ忘れておりました。
ですから、最初から新しい作品を観る感じで、か〜なり楽しめました。
映像も見応えがありました。場面展開も小気味いい。
映像技術は今の方がダントツに技術が発達していますが、
限界があったぶん、巧みに見せ方の演出を工夫しています。
ですから、かえって上質なシーン展開してるなあと感じ入りました。

最初から最後まで、無駄な所が一切なく、ぐいぐいと引っ張られていきます。


http://pin.it/3MT3vcy

リチャード・ドレフィスが主人公(下の写真の右)だったのですが、
いやあ、若い。当たり前といえば当たり前なんですが、
40周年記念の映画を懐かしく観る自分もトシだなといやになっちゃいます。

ところで、
このごろの映画は、生活描写がずいぶん綺麗になっていますが、
小さい子供がいて、しっちゃかめっちゃかで生活している様子が自然です。
ちらかっている様子にリアリティがあります。「綺麗」にちらかっている様子を演出してません。
うちなど、ゴチャゴチャといつもちらかった家なので、身近でほっとします。
変な所に目がいってるなあ。
でも、ちょっと世の中、ピカピカ路線だなあと再確認した映画鑑賞でもあったのでした。

あともう一つ、古い映画を観ているときに強く感じるのは電子機器が素朴ということ。
電話がコードレスではなかったり、ダイヤルだったり、プッシュボタンだったりしますが、
いやはや、今なんて、携帯電話だらけです。
UFOと遭遇するところなんて、今どきですと、ケータイでパシパシ撮るんだろうな。
この点、たかだか40年の間に加速度的に変わったなあとこれまた実感。

最後に、無理やり連れて行った息子ですが、
隣に座っている様子を時々見ると、好物のポップコーンをつまむのも忘れて、
食い入るように画面に見入っていました。
感想は、

「すごく良かった。劇場で観られてよかった」

ほらね、私が言った通りでしょう。えへん!😤
ということで、久しぶりの方も、初めての方も、ぜひご覧ください。おすすめです。
*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。




9/02/2017

映画ードキュメンタリー Inconvenient Sequel - 地球温暖化と闘う- 元副大統領アル・ゴアのライフワーク

クリントン大統領時代に副大統領だったアル・ゴアは、
地球温暖化対策に情熱を注ぐ政治家として広く知られています。
この、ゴアの情熱的な活動を縦軸に、
なぜ、地球温暖化が起こっているのか、
どのような影響が今、地球上気候に現れているのか、
どのような対策があるのか、
そしてそれはどこまで進んでいるのかーーー
を教えてくれるドキュメンタリーです。
このドキュメンタリーは、私たちを不安に追い詰めていくのではなく
可能性と希望に導いてくれるところが素晴らしいです。
ゴアの視野は、地球温暖化対策について、
地球上に住む人類が皆、一つの家族のように動いて行かなくてはならないというものです。
また、たとえ国が政治的にサポートしなくても、
地球を救うためのクリーンなエネルギーへの移行を
市民が自分たちの意思で選択して変えていく、
流れを変えていくことができる、と励まします。
そして、政府もついて来ざるを得なくなる。


ゴアのいう地球温暖化の危機については、2006年の話題作があり、
今回2017年に封切っているドキュメンタリーは
その後の続編といったところ。10年後のフォローアップです.



副大統領時代のゴアは、スッキリ、くっきり。
そしてまじめ。

写真:ウィキペディアよりhttps://en.m.wikipedia.org/wiki/Al_Gore


今のゴアは、年を取って、お腹もぽこん。
でも、今の方が、ユーモアのセンスも感じられるし、
生き生き、伸び伸びして見えます。(決して楽な道のりではないのにすごい)

ブッシュ、トランプが大統領になったとき、
彼らは地球温暖化の問題を否定のスタンスですから、
(石油業界が大事なサポーターだから,新しいエネルギー源開発に駄目を出すということらしい)
進みかけていたクリーンなエネルギーの開発がシャットダウン状態になります。
でも、凹みをボコボコに作りつつも、ゴア氏は前進を続けます。



アメリカでは、この続編のドキュメンタリーの興行が終わった頃に、
大型ハリケーンがテキサス州を直撃しました。
大洪水に見舞われたヒューストンは、私がアメリカで初めて暮らした都市。
住んでいた事があるだけに、土地勘がありますから
洪水の被害の規模の大きさが実感できます。
また、当時知り合った友人知人も、ヒューストンに住んでいます。

その次に暮らしたノースカロライナ州での10年間、
年々、夏の気温が高くなり、
雨の振り方も、スコールのような雨の降りかたが増えていきました。
常夏のヒューストンみたいな降りかたになったなあと思ったものです。
引っ越して来たばかりの頃、庭に薔薇を植えていた人が、
薔薇がうまくいかなくなってきたとぼやいていました。暑すぎると駄目なのです。

一昨年、長野に住む夫の恩師を訪ねた時、
気温が高くなってきたため、稲作がこれまでのやり方ではうまくいかなくなってきた
という話も聞きました。

とにかく、気温が上がり、気候が変わり、このまま
子供達の時代にはどうなっちゃうんだろう......

生きる事が厳しくなると、争いごとが増えます。
問題になっているISIS も、シリアが砂漠化して酷い事になってから活性化しています。

とにかく、いろいろなことを考えさせられるドキュメンタリーなのでした。

●ぜひ観よう!  と語る記事(英語)

*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。