11/30/2012

アナーバーで、妖精のドア巡りー(6) - Urban Fairy Doors - Ann Arbor, Michigan

今回のドア巡りは、
アナーバーのダウンタウンの公立図書館。
絵の展示会に作品を出ているので、
レセプションのついでに息子と一緒に見に行きました。

図書館の隣に出来た、新しい地下駐車場。
これは中ではなくて、外。真上です。

妖精のドアは、入って突き当たりにある、子供の本コーナーにあります。


あった、あった。
ここ、ここ。


 ドアの向こうには、何があるんだろう?


ドアを入ったら、本の中が妖精のお部屋、というコンセプトかな。







じつは、いいかげんな性格の私、
予習不足で、資料を事前に確認せず出かけませんでした。

肝心のドアが本棚の横についているのに気づかず、
そのまま帰ってしまったので、
約1か月後の、展覧会の絵を撤去する時に再び訪れたのでした。

2度目に行ったのは、わたしだけ。
息子は肝心のドアを見そこねていますが、
特に不満はないようです。
小学校4年生の男の子ですからね。


前回の投稿(The Arkのドア)は下のリンクです。
↓ ↓ ↓ ↓

アナーバーのダウンタウンでは、
いくつかまとめてドア巡りができます。
下のリンクに行くと、ホームページに行けます。



妖精のドア巡りの投稿は、ここに集めてあります。
↓↓
アナーバーで妖精のドア巡り シリーズ


*********************************************************
    投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いします。
*********************************************************

2 件のコメント: