10/28/2018

映画のある暮らし ーStepford Wives

1975年のホラー映画。ホラーといっても、
じわっと怖さが伝わってくる系統のもので、怖い場面はほとんどありません。


日本では上映されなかったこともあってか、知らずにおりましたが、
ひょいとした拍子に見つけました。
主役は、「卒業」でダスティン・ホフマンと結婚式から駆け落ちする役をしたキャサリン・ロス。(うわーっ、すごい昔!)

2004年にリメイク版が制作されていて、これは日本でも上映。
ニコール・キッドマンが主役で、グレン・クローズやら、ベット・ミドラーやらが出ております。
雰囲気が全く違います。こちらは、どちからかというとコメディ。

1975年代のアメリカというと、女性の地位向上やら、ヒッピーやら
いろいろなことが起こっています。
そんな中、いわゆるステレオタイプの「貞淑な妻、よき母」(たぶん、1950年代あたりのイメージ)
日本で言う、良妻賢母、
そんなイメージからはずれた女性がどんどん進出していた時期です。
反動もあって、それはもう、思い切り跳んでいました。
女性が自己主張をどんどん始め、男性陣はたじたじ?

この映画は、その風潮をくんで、話題になった映画です。
夫族が、奥さんたちをステレオタイプの「古き良き時代の主婦、妻」にすり替えるお話。

原作者は、アイラ・レヴィン。
「ローズマリーの赤ちゃん」の原作者として、広く知られています。
(ものすごく親しみを持って知ってる私は年寄り?? 😖)




古い方

新しい方


この映画の原作は、「ローズマリーの赤ちゃん」のアイラ・レヴィンです。
日常生活のようでいて、じつはかなり怖いことが展開されているというコンセプト。
私はこの仕掛け、仕立て方が絶妙で、とても好きです。

ステップフォードワイフは、英語の表現で、
いわゆる良妻賢母を絵に描いたような感じの主婦の像を言うときに、
「まるでステップフォードワイフのような」と表現されたりします。
つまり、そのくらい話題になったということですね。

最初にできた映画の方が、だんだん恐ろしい事実が明らかになっていくという流れで、
個人的に好みです。これは「ローズマリーの赤ちゃん」も同様。

が、ニコール・キッドマンの出ている新しい方も、
どのみちもう、有名な原作なので開き直って最初からネタバレしている展開で、
陽気なムードで展開している切り口。見て楽しめます。


この映画の圧巻は、ラストのグロッサリー・ストアでの買い物のシーン。
個であった女性が、ステレオタイプのお人形さんになって、
ナイスな挨拶をしながらお買い物をします。


この映画の原作は、「ローズマリーの赤ちゃん」のアイラ・レヴィンです。
日常生活のようでいて、じつはかなり怖いことが展開されているというコンセプト。
私はこの仕掛け、仕立て方が絶妙で、とても好きです。

ステップフォードワイフは、英語の表現で、
いわゆる良妻賢母を絵に描いたような感じの主婦の像を言うときに、
「まるでステップフォードワイフのような」と表現されたりします。
つまり、そのくらい話題になったということですね。

最初にでき映画の方が、だんだん恐ろしい事実が明らかになっていくという流れで、
個人的に好みです。

が、ニコール・キッドマンの出ている新しい方も、
どのみちもう、有名な原作なので開き直って最初からネタバレしている展開で、
陽気なムードで展開している切り口も、まま、見て楽しめます。


この映画は、どちらもグロッサリー・ストアでの買い物のシーンでしめくくられます。
個であった女性たちが、みんなステレオタイプのお人形さんになって、
とってもお上品に挨拶をしながらお買い物をします。
むむむ、良妻賢母というより、バービー人形系といった方がぴったりだったかも。

興味のある方、新しい方、古い方、両方をぜひ見比べてみてください。




*************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いいたします。



0 件のコメント:

コメントを投稿