10/19/2014

この人すごい ーエバ・ペロン ”Evita(エビータ)” : 野心を実現したスーパー・レディ



エビータ(エバ・ペロン)


「この人すごい」というテーマで、
私なりに、すごいなと思った人をぽつりぽつりと書いています。

すごいなあと思う人は沢山いますが、
やはりこのエバ・ペロンは最たるものだと思っています。
アルゼンチンの女優・政治家。
1919~1952
世界が戦争の激動のまっただ中にいた時代の人です。
ブロードウェイのミュージカル「エビータ」でご存知の方が多い事でしょう。
かくいう私も、このミュージカルから彼女の事を知った一人です。
(下はマドンナ主演の映画のトレイラー)



元々は、女優志望。
田舎からトランク一つ持ち、スターになる事を夢見て
ブエノスアイレスに出て来た沢山の若い女性の中の一人でした。
大変な野心家でしたが、女優の方では大きく花開かず。。。
大抵の場合ですと、墜ちる所まで墜ちるパターンになる図式でしたが、
その美貌と、野心に向かって突き進むパワーで恐れ知らずの彼女は、
時の権力者(大統領)ファン・ドミンゴ・ペロンを射止め、
いわゆるファーストレディーになります。

ところが、夫のファン・ドミンゴより国民から熱狂的に愛され、
アルゼンチンのシンボルとなります。
つまり、大統領である夫の方が
妻のエビータに寄りかかるような存在に逆転したというわけです。

有名な女優(スター)になることと、国民に人気のある政治家になることは、
大衆の熱狂の中心、カリスマになるという事で実質は同じです。

ということで、
エビータは、自分の野心をストレートに実現させた、たぐいまれな女性です。

そこで、ファン・ドミンゴ・ペロンは、
妻エビータを副大統領にしようとしたのですが、
エビータは子宮癌の宣告を受け、断念せざるを得なくなります。
国民からの人気のピークに襲った不幸でした。

下のビデオは、エビータの最後の公の場での演説です。
この演説シーンが後にアメリカで制作されたミュージカル「エビータ」の
見せ場のシーンの一つになります。

エビータは、この演説の後まもなく、帰らぬ人となりました。



下のリンクのビデオがミュージカルでの演説シーン。
これもマドンナが主演のミュージカル映画版から。

映画「エビータ」より
Don't Cry For Me Argentina



マドンナはエビータに強烈に惹かれ、
どうしても演じたかった人物だったようです。
彼女自身、ろくにお金も持たず大都会に一人出て、
スターダムに這い上がったという人生行路があります。
自分の中に共通する物が多々あったからだと思います。
彼女自身も強烈なインパクトのある「すごい人」です。

マドンナに限らず、沢山のミュージカルスター、ボーカリストが
このエビータを演じてきています。
ミュージカルの作者アンドリュー・ロイド・ウェバーの元奥さんである
サラ・ブライトマン、
ミュージカル「エビータ」が出来たばかりの時に演じたエレイン・ペイジ版も有名です。

ご承知の通り、今もブロードウェイ・ミュージカルの定番の一つです。
全米はもちろんですが、世界中のあちこちで演じられています。


エビータの訃報は多くの国民に深い悲しみを与えました。
エビータの追悼ビデオから、当時のその雰囲気が感じ取れます。



ところで、
古代エジプトのファラオ(王)に代表されるように、
昔むかしの権力者は、死後の世界でも生活すると信じられていたようで、
亡くなった後も、生きていたときのように
いろいろな生活まわりの支度をそのままお墓に設営したりなどしていました。
(召使いも! 殉死 というものの始まりです)

亡くなった遺体は、ミイラにして、
生きていた時のままの姿を保存しようという努力がなされました。

キリスト教関係の偉い方たちも、同様にミイラにして、
後々の人たちにも生きていた時の姿が拝める?ようにしたりしています。
(今回、これを書くために調べていたら、
有名な聖職者をミイラにしている例がけっこうあったのでびっくりしました)

ということで、日本より遺体のミイラ保存に関して、
あまり違和感が無く、身近だったようで、
この、エビータも、夫のファン・ドミンゴがミイラにして姿をとどめ残しました。

多分、自分の政界での先行きが心配であったからでしょう。
エビータが亡くなった頃は、民衆から熱狂的な人気を集める
妻の人気に支えられていたファン・ドミンゴでしたから、
死んだ後も姿をとどめおく事で、
引き続きサポートしてもらおうと思ったようです。
しかし、彼はあっけなく失脚してしまいます。

興味深い事に、
このファン・ドミンゴは、のちにまた大統領に返り咲きますが、
再婚した奥さんを副大統領にしています。
すっかり美貌の奥さん頼みの人になりました。
2匹目のどじょうを狙ってーー
といった所でしたが、奥さんを副大統領にしたとたん、病死。
副大統領である未亡人はエビータほどの貫禄は無かったようで、
あっという間に失脚しました。

エビータほどの大物はなかなかいないという良い証明です。

******

下のビデオは、エビータの遺体をミイラにして残した事を記録したものです。
このエビータの遺体ですが、
政情が不安定であったため、ファン・ドミンゴの失脚後、
世界のあちこちを点々としました。
今は故国アルゼンチンに戻り、きちんと埋葬されているようです。

今も世界中に知る人が多いエバ・ペロンです。
遺体が安置されている場所を訪れる人が絶える事はないようです。
(夫の方は、どうも忘れられているようですが)


Eva Peron Biography
ブロードウェイ・ミュージカル「エビータ」公式サイト(英語)
http://www.evitaonbroadway.com/

****************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いします。

       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



********おまけ********
よろしかったら、マドンナ版と聴き比べてみて下さい。

Elaine Paige の "Don't Cry For Me Argentina"




Sarah Brightman の "Don't Cry For Me Argentina"
ミュージカルの作曲者のウェバーの元奥さんですから、やはりこれははずせませんネ。
離婚後は、どんな気持ちでこれを歌っているんだろうか。
http://youtu.be/0ECq-c2odhs

****************************************************
投票のポチの応援をどうぞよろしくお願いします。

       にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


0 件のコメント:

コメントを投稿